志賀 基英

気軽に宇宙ビジネスを始められる社会を目指す

部活とバイトに明け暮れた学生時代

学生時代は、学業よりも部活とアルバイトに一生懸命でした。部活は少林寺拳法部で、副将として部の組織運営をしてチームワークのコツが養われたと思います。アルバイトは、家庭教師を派遣する会社の営業マンという少し変わったものでした。実際の会社組織の中で社会人と同じ仕事が経験できましたし、仕事のできる格好いい先輩もいたので、そこで社会人の素養を身につけたり、理想の社会人像を作ることができました。

就職活動では、当時、就職氷河期といわれた時代でしたので、先入観を持たず幅広い業界をみていました。日経新聞でたまたまJAXA(当時はNASDA:宇宙開発事業団)を知り、応募したんです。会社説明会の申し込み期限は過ぎていたのですが、ダメもとで当日訪問したところ、人事担当者が快く参加させてくれました。入社後は、国際部(当時)、航空プログラムグループ(当時)、人工衛星開発プロジェクトチーム、評価・監査室(当時)、総務部などに所属し、多種多様な業務経験をさせてもらっています。

宇宙ビジネスの促進により、宇宙産業の拡大を目指す

現在は、新しい宇宙ビジネスを促進するためにベンチャー企業の支援や、すでに宇宙ビジネスを展開している大企業の国際競争力を高める支援などを行っています。最近は宇宙産業に参入するベンチャー企業も増えてきたましたが、研究開発機関であるJAXAならではの貢献をすることで、宇宙産業を大きく育てていくことが私たちの使命です。

それには、国内だけでなく海外の需要も獲得して、資金が民間企業に流れていくような仕組みを作る必要があります。米国Space-X社のように「火星に行く」と発表するような元気ある日本企業がいくつも出てきて、国内の宇宙産業が活性化されるのが理想ですね。気軽に宇宙ビジネスが始められる環境ができれば、国民一人ひとりにとって宇宙が身近な存在となる社会が実現できると信じています。

総合商社で1年武者修行

私は、長期派遣研修制度を使って1年間、大手総合商社で働きました。動機は、民間企業に入り込んで彼らのビジネスの考え方や作り方を知りたい、と思ったからです。特に商社は、何も無いところからビジネスを立ち上げることに長けているので、その方法や携わり方を習得したいと考えたのです。あとは、自分がJAXAの外でも通用するのかを知るための「武者修行」でもありました。

その商社では、航空宇宙を扱う部署でドローンを活用したリモートセンシング事業会社の設立に携わりました。ビジネスの基本的な知識やセンスを体得することができ、現在の部署の業務にも直接活用できる貴重な経験でした。

人材育成実施方針(現在見直し中)に基づき、JAXAの事務系職員はジョブローテーションにより入社後の7年間は2~3年で異動を経験します。このような多様な職務経験を成長の機会と捉え、どんな業務でも真剣に取り組みました。特に若手職員が楽しく真剣に仕事をしどんどん成長していけば、その姿を見た周りの職員を感化し、組織全体も成長していきます。組織は成長し続けないと、世の中から不要になってしまいますから、若手には、自分たちが組織成長のための重要な役割を担っていることを認識して、日々の仕事に取り組んでほしいです。

私がなぜJAXAで仕事をしているのかと聞かれれば、一つは仕事を通じて自分が成長できるから。もう一つは他人や社会の役に立つ価値を提供できると考えるからです。JAXAとは、この両方を実現できる職場だと若い方々に伝わるよう、情熱をもって頑張り続けたいなと思っています。

JAXAを目指す学生への一言メッセージ

JAXAには、多種多様な職務があります。自分が成長できるか、社会貢献を実現できるか、同僚とチームワークよく働けるか、そんな観点でJAXAが自分に合っているか、見極めて志望してほしいと思います。そして、JAXAに入社したら、宇宙産業の拡大に、そしてJAXAが社会に価値を提供する組織として成長し続けるため、一緒に頑張りましょう!!

プロフィール

2002年、法学部を卒業後、NASDA(当時)に入社。国際部(当時)にて欧米協力を担当。その後、航空プログラムグループ(当時)で三菱航空機やボーイング等との連携を、ALOS-2プロジェクトチームでドイツやイタリアのレーダー衛星との災害時のデータ交換協力を推進。評価・監査室(当時)での評価業務、総務部での国会対応・組織改編の業務などを経て、総合商社に出向、ドローン関連事業会社の設立を経験して現職に至る。剣道弐段、少林寺拳法参段。趣味は読書とお酒。岐阜県出身。座右の銘は「独立自尊」。

1日の業務の流れ

09:30宇宙関連ニュースを見ながら通勤、出社
10:00課内の定例進捗確認会議
11:00産業振興の中長期方針に係るブレスト
12:15同僚と昼食
13:00ブレスト結果を踏まえた資料作成
14:00某社との協業方針について他部署と打合せ
16:00来客
18:00明日の予定を頭に入れて退社、ビールのことを考えながら帰宅

※所属部署・掲載内容は取材当時による

部門紹介 新事業促進部

ページ先頭へ