伊達木 香子

法律に関わる仕事で 国内外に広がる宇宙開発の土台作りをしたい

一番長く「宇宙」に関われる場所

学生時代に手に取った広報誌に、宇宙飛行士の向井千秋さんの「今後、宇宙が身近な時代になる」という言葉があり、憧れであった宇宙を仕事にできるのかと漠然と興味を持ちました。大学では法律の勉強をしていたので、就職活動の際は「宇宙」と「法律」を軸に、商社や重工メーカーなどをあたってみました。その中で、異動をしても、年齢を重ねても、自分が一番長く「宇宙」に関わっていけると思ったのがJAXA(当時はNASDA)でした。宇宙飛行士や研究者だけが関われると思っていた“非日常”の宇宙が、一般の人々にとっての“日常”となる仕組み作りをしたいと思ったのです。

プロジェクトの推進や実現のための制度作りを担当

現在は、総務部で法務の仕事をしています。研究開発の支援やプロジェクトの推進に欠かすことのできない制度作りや組織の運営に欠かせないルール作りを担っています。法律の観点で、研究開発現場やプロジェクトの規程がJAXAとして適切なものかを協議し、JAXAの全社ルールとして定められるようアドバイスするのも仕事の一つです。

宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」初号機打上げのときに関わった仕事は印象的です。HTVが宇宙から地球に帰還(リエントリー)するとき、宇宙から物体が落ちてくるという事態に対し法的にどんな手続きをすればいいのか、関係省庁や空域・海域を管理している国内外の関係機関と調整を重ねました。前例がないため、打上げを可能にする仕組みを作るのは大変でしたが、とてもやりがいを感じた仕事でした。

これからの宇宙開発は、より国際的で規模も拡大していきます。安全が担保された宇宙開発の土台作りのために、法務の仕事があるのだと思います。

「素敵な宇宙人」になりたい

私は産休・育休を経験しましたが、やはり大切なのは、メリハリですね。仕事と家庭で良いバランスが取れているから、その両方において良いパフォーマンスができるのだと思います。体力的には大変ですが、このモチベーションが持続できるのは、自分の意見を聞いてくれ、また相談しながらよりよいものを作ろうとする組織があるからだと感じています。宇宙開発は、未知への探究心や新しいことに挑戦すること、またそれを安全に実施する仕組みが大事だと思いますが、職員一人一人にもそれらを実践していく環境があるのだと思います。

私の目標は、「素敵な宇宙人」になること!宇宙が好きな人、宇宙のために仕事ができる人、という意味ですが、ちょっと人と変わっていて、異分子であっていいという意味もあります。周りと同じことをやっていたら、新しいこと・ものは生まれません。人とは違う要素を持ち込むことで化学反応は起きますよね。「人類」や「国際人」よりも、「宇宙人」としてより広い視野で物事がみられれば、更に宇宙開発が進むと思います。

JAXAを目指す学生への一言メッセージ

宇宙や航空に少しでもワクワクやドキドキを感じてもらえるのであれば、現在の自分をJAXAでどう活かすかではなく、将来の自分はどうなりたいか、何をしたいか、を強く考えてほしいですね。特に文系でも、社会科学の知識は大いに役立つものですし、なりたい自分に向かって変われるものだと思います。

プロフィール

法学部法律学科を卒業し、1997年旧宇宙開発事業団(NASDA)に入社。契約管理及び特殊な海外契約等の契約担当の後、衛星開発プロジェクト及び有人宇宙技術部門での法務に携わる。15ヶ月間の海外留学(MBA取得)のほか、プロジェクトマネジメントも学ぶ。人事部人事課に勤務の後、現職。法律に関わる仕事で国内外に広がる宇宙開発の土台作りをしたい。プライベートは、神奈川県厚木育ちの自然派の一方、料理とフランス語と陶磁器も探求中。チェロ弾きを夢見る。

1日の業務の流れ

8:30出社、メール確認・返信
10:00制度改正に係る他部署担当者との打合せ
11:00打合せ内容をふまえた調査、資料作り
12:15昼休み
13:00協定・取り決めに係る部署内ミーティング
15:00資料検討、規程改正に係るコメント作成
17:00退社

※所属部署・掲載内容は取材当時による

部門紹介 総務部

ページ先頭へ