基本情報

沿革

 JAXAの前身は、大学共同利用機関として基礎研究分野の研究や宇宙科学・探査を行ってきた宇宙科学研究所(ISAS)、国策としての人工衛星およびロケットの開発を担当してきた宇宙開発事業団(NASDA)、日本で唯一の航空宇宙技術の研究機関であった航空宇宙技術研究所(NAL)です。
 この3つの機関が1つになり、2003年10月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が設立されました。それまで独自のアプローチで未知なる宇宙や空へ挑んできた各機関が、3本の矢として束ねられ、宇宙航空分野の基礎研究から、開発・利用に至るまで一貫して行える体制が整いました。

1955年 7月 航空技術研究所(航空宇宙技術研究所の前身)を総理府内に設置
1964年 4月 東京大学宇宙航空研究所(宇宙科学研究所の前身)創設
1969年10月 宇宙開発事業団(NASDA)発足
1981年 4月 宇宙科学研究所(ISAS)創設
2001年 4月 航空技術研究所から独立行政法人航空宇宙技術研究所(NAL)へ改組
2003年10月 独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)発足
2015年 4月 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構へ移行
一覧へ戻る

基本情報

本社所在地 〒182-8522 東京都調布市深大寺東町7-44-1
設立 2003(平成15)年10月1日
資本金 5,442億円
従業員 1,531人 (2016年4月時点)
事業所 【本社】東京都調布市
【国内】東京事務所、相模原キャンパス、筑波宇宙センター、鹿児島宇宙センター、角田宇宙センター 他
【海外】アメリカ(ワシントンD.C.、ヒューストン)、ロシア(モスクワ)、フランス(パリ)、タイ(バンコク)

一覧へ戻る

PAGE TOP