異業種・異分野との協同による宇宙航空技術のイノベーション
OUR ENTERPRISE 事業紹介

基盤技術の研究開発

国や社会が抱える課題に対してJAXAの総合力を発揮して課題解決に取り組むとともに、 イノベーション創出につながる研究を推進します。

研究開発法人を中核とした国際的な 産学協同研究拠点の形成

新たな宇宙利用技術を創出し、
社会の課題解決に貢献

先導する研究として、異業種・異分野の企業を含む事業者と協同で新たな宇宙利用分野を切り拓く鍵となるイノベーション技術を創出し、社会課題の解決に貢献します。また、支える研究として、基礎的・基盤的技術の強化により宇宙航空プロジェクトの確実な実施を支えるとともに、これを宇宙航空関連企業に技術移転することで産業競争力強化と我が国の宇宙開発の自在性確保に貢献します。


情報技術により開発プロセスを革新する

ERENAを用いた、衛星スラスタ推進剤 「ヒドラジン」の解析実験で火炎を可視化したもの

ロケットなどの宇宙機及び航空機の開発プロセスのうち従来試験で行っていた設計検証を数値シミュレーションで行うことにより、信頼性を向上させながらコスト削減及びスケジュールの短縮を図ります。また、日本語の曖昧さを排除したモデル記述言語をソフトウェア設計に適用することにより開発段階における品質向上を目指しています。


将来ミッションを支える先進的な機器の研究に取り組む

(左)リチウムイオンバッテリと((右)静止衛星搭載用GPS受信機

多くのミッション機器を搭載し長寿命な衛星を実現するために化学燃料を使わない衛星を開発します。その実現を支える電気推進装置、大容量バッテリー、排熱のためのループヒートパイプ、自動運用のための静止衛星搭載用GPS受信機など先進的な機器の研究開発を行っています。


宇宙太陽光発電システム実現のキー技術を獲得する

宇宙太陽光発電システム概念図

宇宙太陽光発電システム(SSPS)は、宇宙空間で太陽光発電を行い、その電力を地上に無線送電し、既存の電力系統網と連系させる、言わば「宇宙に浮かぶ発電所」で、将来的にはエネルギー・環境など地球規模の課題解決の可能性を秘めています。マイクロ波やレーザーを用いた無線送電技術や、大型構造物の組立て技術の研究開発を進めています。


将来輸送システムの実現に向けた研究開発に取り組む

新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)

軌道間における輸送システムや繰り返し飛行が可能な再使用型輸送システムの実現に必要となるランデブセンサや再使用可能なロケットエンジン、高精度な誘導制御技術の研究開発を行っています。

ページ先頭へ