TOP > 情報インフラの整備・運用

情報インフラの整備・運用

すべてのスタッフに、柔軟なコミュニケーション環境を。
情報インフラの整備・運用

事業拠点が調布・つくば・相模原などに分散しているJAXAですが、プロジェクト遂行のためには、多くの参加企業との密接なコミュニケーションが不可欠です。そこで第1期中期計画では、JAXAと参加企業が一体感を持てる事業運営・プロジェクトの実施にむけて、事業拠点間および企業を結ぶ情報ネットワークを構築しました。

JAXAを統括するメインシステムと、利便性重視の環境整備。
スーパーコンピュータの運営

スーパーコンピュータの運営

ロケット開発をはじめとするJAXAの事業に、高性能・高機能な「スーパーコンピュータ」と高度な「数値シミュレーション技術」はなくてはならない存在です。JAXAでは次世代の数値シミュレーション技術の開発に取り組むとともに、事業への最大限の展開を可能にする総合的なスーパーコンピュータシステムの構築・利用環境の整備を進めています。

ページの先頭へ