ワーク・ライフ変革推進室

[本文]

活動にむけての抱負

 JAXAでは平成28年4月から、「ワーク・ライフ変革推進室」を設置しました。
 「ワーク・ライフ変革推進室」って、ちょっと不思議な組織名ですが、その業務内容は「女性の活躍の推進」と「職員の働き方の変革」に関することとなっています。
 前者は平成27年度末まで設置されていた「男女共同参画推進室」の流れを汲むもので、「女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画」で掲げた目標の達成に向けた活動などに、引き続き取り組んでいきます。
 後者には、二つの意味があります。一つは「ワーク・ライフ・バランス」の実現、すなわち仕事に追われるのではなくライフサイクルに応じて多様な働き方の出来る組織になることです。もう一つは、研究開発法人としての成果の最大化のために、無駄を省いて本質的な業務に集中できる環境を整えることです。

 誰もが働きやすい職場、多様性を許容し補いあえる職場、そしてワクワクする成果を共有できる職場にすることを目指して、スローガンで終わることなく制度を作り、作った制度を生かし、それにより意識を変えていきたいと思っています。

ワーク・ライフ変革推進室長 向井 浩子